YUTA URAKI

自分自身のイノベーションに火をつけ、
自分なりのビジネスモデルを創り上げる

PROFILE

浦木 優太

デジタル デジタル戦略コンサルタント

東京理科大学理学部数理情報科学(現:応用数学)科卒業。新卒で外資系コンサルティングファームに就職し、CRM領域を主とした業務改革/システム構築プロジェクトに従事。保険/自動車/EC小売等、業界を問わず幅広い案件に携わる。大規模プロジェクトのPMO、炎上案件の鎮火、BPR案件等を経験した後、2019年5月よりイグニション・ポイントへ参画、現在拡大中のDigitalユニットに所属。

コンサルティング × 新規事業創出という環境に感じた可能性

大学を卒業した後、新卒で入社した外資系コンサルティングファームではビジネスパーソンとして/コンサルタントとして/そしてプロフェッショナルとしてどうあるべきか、という基礎中の基礎を叩き込んで貰いました。その会社では業種を問わず色々な案件に関わりましたが、やはりその中で「自分でも事業をドライブしたい」という思いが強くなっていきました。

事業創出は「社会課題(Issue)の設定」と「ソリューションの実装」という2軸で考えることができると思っています。加えて、単純に「起業しよう!」「新規事業を創ろう!」といっても、ビジネスモデルが無ければその後ビジネスのドライブまで持っていくことはできないでしょう。

イグニション・ポイントには、各分野におけるプロフェッショナルが集まっており、それぞれが日々自分の専門分野におけるプロジェクトを遂行しながら、課題の調査/発見とアップデートを行っています。さらに言えば、本来現状の仕事には困らないであろう高度なスキル/経験を持った人たちが「新しい事がしたい」というモチベーションを持って集まってくる環境です。

そうやって周囲で様々な人達がそれぞれの想いを持ってビジネスモデルを創り上げていく環境に自分の身を置くことで、自分なりのビジネスモデルを創り上げるきっかけになるのではないか。そんな想いをもってイグニション・ポイントに入社しました。

入社してからは、お客様の新規事業創出に関わりながら、日々ものすごいスピードと勢いで物事が進んでいく、まるでロケットのような毎日を過ごしています。お客様の事業支援はもちろんの事、自分なりのイノベーション創出に向け、より高いレベルでビジネスを行えるような成長を実感しています。

まだまだ個人として社会に与える事のできるインパクトは小さいですが、イグニション・ポイントでの経験を通して社会に大きなイノベーションを起こしたいと考えています。

自分のビジョンに責任を持つ

私はこれまでコンサルタントとして企業活動の様々なフェーズに関わってきましたが、その中で得た価値観として、実行の伴わない戦略は「絵に描いた餅」と同じだと考えています。最終的な実行まで落とし込んだ戦略にこそ価値があるのであり、それはビジョンも同じです。

ビジネスモデルの創出から実装/ドライブすべてを手元の感覚を持ちながら推進する事が、事業創出において非常に大切なポイントだと思います。それはお客様の支援においてももちろんですが、自前の事業であれば尚更です。

自分が「どのようなイノベーションを起こしたいのか」というビジョンを持ちつつ、そのビジョンの実現にまで責任を持つ。このマインドセットを大切にしているメンバーが沢山いることが、イグニション・ポイントの大きな強みの1つだと思います。

私は入社してから以降も、子会社や新規事業がどんどん増えており、組織として大きく成長している段階であることを日々感じています。そのような「急成長×マルチイノベーション」とも言える場所は、常に新しい刺激を求める人やチャレンジングな環境を好む人にとっては非常に魅力的な環境だと思います。私も2020年度から新しくできたDigitalユニットに所属していますが、ユニットの立ち上げ時期ということもあり何かと手探りながらマネージャーの方々と一緒に物事を進めていますが、自分の意思を伝えれば、その熱量に応じた反応が返ってきます。チャレンジを阻害するような壁はありません。

会社のビジョンとして「IGNITE INNOVATION」を掲げているように、自分自身にとってのイノベーションに火をつけたい、そんな想いを持った方々と一緒に働けたらとても嬉しいです!