SHOMA KOIKE

企業・人双方にとって
ベストな働く環境を用意するには
目の前の人に寄り添うこと

PROFILE

小池 祥馬

ワークデザイン キャリアデザインコンサルタント

大学卒業後、セキュリティソフトウェアメーカーに就職し、営業職として企業向けに自社製品の導入提案や大手パートナー企業に対しアライアンス製品や製品拡販に向けた施策、イベント企画の提案等を行う。その後、2018年6月にイグニション・ポイントに転職。入社後は新規事業開発本部に所属し、当時まだ立ち上げフェーズだった人材紹介事業にジョイン、現在はワークデザインユニットに所属を移し、人材紹介事業を担当している。

「豊かな人生のきっかけ」を与えるためのサポーター役

イグニション・ポイントに入社してからは人材紹介事業に立ち上げフェーズから携わることができ、自分の中では非常に貴重で大きな経験ができたと感じています。思い出深い、私にとってターニングポイントになった仕事はいくつかあると思っていますが、その中でも特に印象に残っているエピソードをご紹介します。

新卒時に強く希望して選考を受けたが内定をもらえなかった大手コンサルティングファームX社に転職を機にリベンジをしたいという強い思いを持った求職者Aさんとのエピソードになります。弊社自体がコンサルティングファームであるということで、それが特徴でありコンサルティング業界のリアルな部分もお伝えできるという強みをお話し、面談を進めていきました。

Aさんは学生時代、希望するX社でインターンを経験したこともあり正直なところ新卒当時はX社から内定がもらえると思っていたそうです。ですが選考を受けた結果内定はもらえず、その後他の大手企業に就職し4年ほど勤務しましたがずっと忘れられない想いがあったということを面談の際に伝えられました。

そのようなエピソードや勤務経験から、AさんはかならずX社でも活躍できる存在であると確信でき、また、熱い想いに触れて全力でサポートしたい!と強く思うようになりました。そして様々なサポートをさせていただいた結果、AさんはX社から内定をもらうことができました。信頼を得るために、求職者の方に向けてできることは何か、考えて実行する、それを丁寧にやっていった結果なのだと思います。

Aさんから感謝の言葉を頂いたときはとてもやりがいを感じたと同時に、転職理由は人ぞれぞれですが、自分が将来どうなっていたいのか、そのためにどんな経験・環境が必要なのか、希望する会社になぜ転職する必要があるのか、といったことを求職者の方から丁寧にヒアリングしていくことの大切さを学びました。求職者様の立場を考え寄り添い、行動していく大切さを身に染みて実感することができた貴重な経験で、自分にとって一つの転換点だったと実感しています。

働き方、働く環境を変えることは、その人の人生に関わる大事なタイミングです。ただ企業様と求職者様のニーズをスキルや経験だけからマッチングさせていくだけでなく、その背後にあるビジョンや成し遂げたいこと、さらにはその場で働く人の気持ちに寄り添って双方の信頼関係を築く支援をキャリアコンサルタントとしてすることを今も心掛けています。

イグニション・ポイントでのやりがいについて

イグニション・ポイントは経営層との距離が近く、経営層ときちんと意見交換ができる環境があります。そして基本的に決まり切った型はなく、それぞれが良い方法を考えながら自身のスタイルで仕事に取り組めますし、年齢や経験に関係なく結果に伴って裁量も任されその分評価もしてもらえる環境があります。私自身、入社して1年目でプロモーションし、それが現在のモチベーションに大きく繋がり、やりがいになっています。

また、人材紹介の業務以外の部分でも人材、働き方に関する知識をインプットできる場が豊富にあり、自身の成長に繋げることができることも魅力の一つです。

私が所属するワークデザインユニットは「働き方」という観点から様々なサービスを展開しており、仕事と人を繋げる人材紹介サービス以外にも、より広い視点で働き方を提案するサービスを提供しています。具体的には、働き方改革や組織診断など、人材や組織に関する課題解決のための提案も行っており、様々な形で企業・個人の働き方を支援できるところが当社の強みであり特長であると考えています。このような背景があり、キャリアコンサルタント以外の知識も自然と吸収できています。

このように、コンサルティングファームが人材紹介事業を行うことならではの特長を活かしつつ、企業様と求職者様双方の最高のマッチング・組織貢献を実現させることで感謝されることが、現在の仕事の醍醐味であり、やりがいであると強く感じます。

最後に、自分自身の成長のみならずメンバーも増え、組織全体の拡大・成長を肌で感じながら働けるこの環境は、私にとってイグニション・ポイントで働くことの楽しみになっています。