TOMOYUKI SANO

一人ひとりの“ゆたかさ”の実現を
互いに応援し合える組織をつくる

PROFILE

佐野 智之

ストラテジー 新規事業開発コンサルタント(マネージャー)

慶應義塾大学理工学部卒業。新卒で国内大手コンサルティングファームに入社し、戦略コンサルティングや、ヘルスケアビッグデータを活用した自社新規事業の立ち上げに中核メンバーとして携わる。2018年にイグニション・ポイントへジョイン。現在はマネージャーとして、製造業・サービス業を中心に新規事業のアイデア創出・企画立案から、その実現に向けた実行支援まで多数の新規事業創出プロジェクトをリードしている。

新規事業を生み出し、立ち上げていくプロフェッショナルとして

ストラテジーユニットのマネージャーとして、業界問わず主に新規事業創出に関するプロジェクトに関わっています。アイデア創出のワークショップを実施したり、そのアイデアに関するマーケットリサーチやビジネスモデル構築、事業立ち上げにあたって事業責任者の方に伴走していくようなプロジェクトが多いです。

プロジェクトとして新規事業を生み出そうと思うと、トライ・アンド・エラーはつきものなのですが、アイデア段階の事業を試すことや、小さく失敗しながら進めることができない大手企業も未だに多く、"実際にやってみないとわからないが、会社として実際にやることはできない"というジレンマもよく起こっています。

そんな時は、イグニション・ポイントが矢面に立ち、事業アイデアの実証実験として、実際にプロトタイプのような簡易的なサービスを提供し、お金が取れるのか否かも含めてユーザーのフィードバックを得る、というところまで踏み込んでいくこともあります。このように単なる事業企画だけに留まらないことが、自社で複数のスタートアップ創出も行っているイグニション・ポイントならではの強みを活かしたユニークなプロジェクトの進め方だと思っています。

もちろん百発百中というわけにはいきませんが、新規事業という答えがない世界の中で、失敗の確率を下げる方法を実践しながらも大胆に行動し、事業を生み出し、立ち上げるところまで導いていくことが、この仕事の醍醐味です。

イグニション・ポイントでは、クライアントの事業創出プロジェクトだけでなく、その傍ら自社発の新規事業についても自らのアイデアを元にビジネスプランを作って外部からの資金調達を試みたり、自分主語での活動も出来ます。

顧客へのコンサルティングサービスと自社発の新規事業、その双方から得た経験や失敗を活かしながら、プロフェッショナルとしてより意義のある事業創出に貢献したいと思っています。

「ゆたかな人生のきっかけを」お互いに与えられる組織へ

イグニション・ポイントの企業理念は「ゆたかな人生のきっかけを」です。これは一人一人が追い求めるゆたかさにサービス、コンサルティング、組織、企業運営を通じたきっかけで貢献するという意味が込められています。

会社での目標設定にあたる個人のOKRの中には、それぞれがゆたかな人生を実現するために中長期的に成し遂げたいことも書かれているのですが、各メンバーがここに書いていることは、今の仕事とは直接関係しないものも多いです(笑)例えば個人的な興味関心、趣味や人生観であったり、本当に色々な志向の人が集まっているなと思います。

イグニション・ポイントには、こういう類の事業はやらないといったような大きな制約があるわけではないので、それぞれが今の業務という枠を越えて、将来的に自分自身がどうなっていきたいのかを考え、会社全体に公開するというこの取り組みは、とても良いことだと思っています。個人的には他の人の目標を勝手に眺めて、それをもとに会話したり、プロジェクトに推薦することもあります。

会社の仕組みとしてはまだまだ未熟なところもありますが、これからより大きな組織にしていくにあたり、社員それぞれが具体的に成し遂げたいことは違っても、一人一人のゆたかさの実現を互いに応援し合えるような組織にしたいと考えています。

今でも新しい機会、楽しい機会は日々たくさん生まれているので、それを誰かが拾っては、やりたいと思っていた人を巻き込むような動き方が組織的にできていくと、さらに面白いことが社内で生まれていく気がしています。

ここにいて、やりたいことを発信し、行動していると、それに対して興味ある人や機会、応援が集まってくる、そんな組織を目指していきたいです。まずは自分とその周りのメンバーからお互いに良いきっかけを与えられるように行動していきたいと思います。