TATSUKI KORI

裁量権は与えられるのを
待つのではなく、
自分で広げていくもの

PROFILE

郡 辰樹

ストラテジー 戦略/新規事業開発コンサルタント

慶應義塾大学大学院理工学研究科卒業。新卒で外資系のコンサルティングファームに入社し、製造業をメインとしてIT中期経営計画、組織改革、業務改革等のプロジェクトに従事。その後、2018年6月にイグニション・ポイントに入社。入社後は、新規事業創出・立上支援、営業戦略、マーケティングリサーチ、CVC支援など様々なプロジェクトを担当。

若手でもチャレンジできる社風

私はかねてより裁量権のある環境で働きたいと思っていました。前職は大きなグローバルカンパニーである一方で、日本市場に入ってきたのは数年前だったので、裁量権を持って働くことができると思って入社しました。しかし実際には役職に定められたことをしっかりとこなすということが社風となっており、1つ上の役職の仕事を自分からとりにいくといったことがなかなかできませんでした。これでは成長が遅くなってしまうという危機感を抱き、転職を決意しました。

イグニション・ポイントはスカウトメールをきっかけに知りました。調べてみると自社でも事業を始めたりと面白そうな会社だなという印象を受けました。転職活動を通して複数のファームからオファーを頂きました。オファーをもらった後も様々な社員の方と話す機会を設けてもらい、その中で最も生き生きと働いている人が多く、裁量権を持って働けそうだなと感じたのがイグニション・ポイントでした。

生き生きと働いているというのは、何かしらの目的をもってイグニション・ポイントに入社し、その目標に向かって働けている、ということです。例えば弊社はグループ会社のCXOになれる制度があるので、コンサルタントをしながらもその制度を活用して新規事業立ち上げにチャレンジしていたりします。制度化されていなくてもフラットな組織なので、成果を出したうえでやりたいことをアピールすれば会社としてもチャレンジさせてくれます。

裁量権という観点については、前職では、若手は下積みという感じで、議事録作成や簡単な資料作成などの業務にとどまっていました。イグニション・ポイントでは入社して最初のプロジェクトで、実際に資料を作るところからクライアントとやり取りするところまでを1人で任せてもらうことができました。自身が裁量権の大きさを望んでいつつも前職と大きく役割が変わったため戸惑うこともありましたが、上司がきちんとフォローをしてくれたため、やりきることができました。

イグニション・ポイントでは一度できると思われるとどんどんと任せてくれるので、チャレンジングではありますが、非常に速いスピードで成長することができていると感じています。

様々な知見をためることができる

イグニション・ポイントに入社以来、新規事業の立ち上げ支援を主に担当しています。新規事業の立ち上げ以外であれば、マーケティングやPMI、営業戦略、デューデリジェンスといったプロジェクトを経験してきました。クライアントの業種は、製造業やサービス業、SIer、石油など多岐にわたります。新規事業の立ち上げ支援をもう少し具体的にいうと、どういった市場で事業を立ち上げればよいか、どういったコンセプトの事業を行えばよいか、本当にニーズがありそうか、などの課題に対して調査・分析を行い、これなら新しい事業を開始できるという状態までもっていくことを行います。

組織の中では、マネージャーのもとでしっかりとプロジェクトをデリバリーする役割を担っています。具体的には、マネージャーとプロジェクトの進め方を検討したうえで、タスクの役割分担やアウトプットの確認などを行っています。もちろん自身でもしっかりと手を動かし、リサーチや資料作成を行います。また、クライアントとのやり取りやミーティングでの説明なども大事な仕事です。プロジェクト外では、提案書作成を行ったりもしています。

プロジェクトは1か月~3か月くらいの期間で行い、プロジェクトごとにクライアントの業界や案件の内容が変わります。そのため、いろいろな知見をためることができ、多様なプロジェクトに携わることができるのは醍醐味だと感じています。プロジェクトごとに新しい情報をインプットして臨む必要がありますが、新しいことを学ぶこと自体も楽しいので、非常に良い環境だと思っています。