KOTA ODAKA

多様性のある環境で、
刺激的で面白い
チャレンジングな仕事がしたい

PROFILE

小高 康太

ワークデザイン HRイノベーションコンサルタント(マネージャー)

早稲田大学教育学部卒業。イグニション・ポイント参画前は、大手グローバルコンサルティングファーム、大手人材サービス・情報サービス業、会社の立ち上げなどを経験。組織戦略・再編、人事中計策定、採用競争力の向上、人事制度等の組織・人材領域と、中計・事業戦略・予算策定、新規事業企画、不採算事業の改革、経営管理プロセス高度化、業務改革等の戦略・事業領域の二軸で様々なテーマに従事。実行支援まで含めたハンズオンでの企業支援に強み。

小さい組織だからこそ様々なチャレンジができ、
無数のキャリアの可能性がある

私が入社した理由の一つとして「組織化された大手ファームでは経験できない様々な領域の仕事にチャレンジできること」があります。

これまで組織・人材領域の仕事に関わることが多く、ある程度の専門性をつけることはできたと思っていました。しかし、私が以前所属していたような大手ファームの場合、自分の専門領域を絞ってそこで専門家としてエッジを立てていくことが求められており、自分が目指したいキャリアを描けませんでした。元々は経営全般に関わりたいと考えていたこともあり、所属していたファームに対しての不満はありませんでしたが、組織・人材領域を極めようという気にはどうしてもなれなかったのです。

一方、イグニション・ポイントは現在急成長中の組織ということもあり、様々な仕事に関与でき、様々なキャリアの可能性があります。例えば、私が今やっている仕事の半分程度は、JV設立に伴うコーポレート機能構築、スタートアップの人事制度設計、エンゲージメント向上といった組織・人材領域ですが、もう半分はレガシー業界におけるエコシステム構築に向けた新規事業構想に関与し、事業展開の戦略策定やブランディング、サービス企画といった領域の仕事をしています。加えて自社のWork Design Consultingサービスもまだ立ち上げ期にあるということもありサービス開発も担っています。

また、当社にはCXOチャレンジ制度もあり、いわゆる事業会社におけるCXOや事業責任者のキャリアパスも存在します。手を挙げて主体的にチャレンジすることが奨励されているカルチャーもあり、様々な機会・チャンスに挑戦していくことで、自分のキャリアの幅を広げることができると感じます。

幅広い経験を積める分、圧倒的な成長スピードが求められますし、大変だと思うことも多々ありますが、自分にとっては普通の組織・人事コンサルとして生きていくより、よっぽど刺激的で、面白い環境があると感じています。

多様な専門性の掛け算による
刺激的で面白い仕事を創り続けられる組織

イグニション・ポイントには様々な専門性を持つチームがあり、プロジェクトでは各チームがコラボレーションして仕事をしています。

私自身も入社当初から他Unitの方と仕事をする機会にも多く恵まれ、これまでにコンサルティングサービスではFinancial Advisory, Experience Design, Strategyといった各Unitメンバーと一緒に仕事をしてきましたし、グループ会社であるIGP Xメンバーとも一緒に仕事をすることもありました。バックグラウンドが異なることによる意思疎通の難しさや、プロジェクトや仕事の複雑さはありますが、お互いの強みを活かして補完しあうことや、メンバーが相互に信頼・尊重しあうことを自然と意識・実行している人が多く、仕事はしやすいと感じます。

また1Unit単体では対応できないような複雑な課題や、面白い仕事にも関与することができますし、これまでの環境の中では触れられなかった専門性や思いつかなかった新しいアイデアを他のメンバーから学ぶこともできるため、日々刺激を得られる環境でもあると感じます。

これらは経営陣やUnit Leadをはじめ、当社に所属するメンバー1人ひとりがこれまでにこういった環境やカルチャーを作り上げてきた結果だと感じます。このようなイグニション・ポイントの良さを維持し続け、より刺激的で、常に面白いことができる、攻めの姿勢を持った会社・組織であり続けられると良いなと個人的には考えています。そのために自分自身も率先して組織作りに貢献しなければならないと思っていますし、刺激的で面白い仕事を創れるように努力したいと考えています。

多様性のある環境で、刺激的で面白いチャレンジングな仕事がしたい、急成長しているスタートアップに身を置いてビジネスや会社の拡大に主体的に関与したい、といった気概をお持ちの方をお待ちしています。